忍者ブログ
美容に関することいろいろ。美肌、にきび 、二重まぶた 、洗顔石鹸、エステ、ネイル、、目元ケアなどなど。
Admin / Write / Res
<< 05   2018/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
 
スポンサードリンク
カテゴリー
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にきびができると発疹ができ、同時に炎症を起こします。

同じにきびの症状でも、思春期以降にできるにきびは吹き出物と呼ばれています。

にきびは皮脂腺の多くある顔や胸、背中などにできやすいのですが、特に顔は見えるところで、コンプレックスや悩みの原因になりやすくなっています。

にきびができるかどうかはその人の体質によるもので、皮脂腺の活発な人ほどにきびができやすいので、気をつけなければなりません。

にきびができやすい時期は、初夏や初秋だといわれているので、その時期は特に念入りにケアしましょう。

にきびができやすい思春期は、ホルモンのバランスが変化するからなので、そのにきびは自然に収まっていきます。

成人以降にできるにきびは、ストレスや乱れた生活習慣、そして乾燥などが原因になったりします。

それから便秘が原因になる場合もあり、それは便秘のために毒素がたまって体の表面にまで及ぶからです。

顔ダニのせいでにきびができるという話も聞きますが、間違ったケアをしなければ顔ダニは害をもたらすものではなく、顔のあまった皮脂を食べることもあるというくらいです。

にきびのケアは間違うと悪化させたりにきび跡を残すことになったりするので、正しいケアが必要なのです。

にきびへの対処の仕方を誤ると、クレーターにきび跡ができたり色素沈着になったりします。

正しい方法で肌を手入れし、生活習慣も乱さず、食生活にも気をつけていれば、肌は健康でにきびもできないでしょう。





PR
 
おすすめ


ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  わたし綺麗?美容指南書 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]